Link Popularity (リンクポピュラリティー)

SEO対策のひとつのにサイト外部からリンクをもらう方法があります。
バックリンクや、Link Popularity(リンクポピュラリティー)などと呼ばれており、「Popularity=人気」つまり他のサイトからリンクを頂くことにより、サーチエンジン側がそのサイトがどれだけ人気のあるサイトであるかのひとつの判断材料になります。
しかしこの外部からのリンクですが、ただ自サイトにリンクをってもらえば良いという訳ではなく。
自らが運営するサイトに関連するキーワード、つまりサーチエンジンにより検索された時、より上位に表示されてほしいキーワードを織り交ぜたリンクが有効とされています。
(インテリア雑貨での上位表示をっ目指すのであれば下の図のようなバックリンクが良いと言えます。)

外部リンク

いくら人気があって他のサイトから多くのリンクを貼られていたとしても 、自らが上位表示されてほしいキーワードとは違うものであればあまり効果の無いものになってします。

例えば上の図のサイトで「SAY STYLE」だけのバックリンクを集めていた場合サーチエンジン側は「SAY STYLE」のキーワードで人気があるホームページという判断になります。
つまり、Link Popularityの視点から見ると「SAY STYLE」は「インテリア雑貨」には関係の無いサイトである判定になります。

上記のことから制作したホームページへの、より集客力のあるキーワードでのバックリンク、またはより経営方針に沿ったバックリンクが重要であるといえます。

サイト内でのSEO

バックリンク同様、検索結果順位の大きな要因とてサイト内テキスト(説明文)があります。
検索時に表示されて欲しい語句がサイト内ページに含まれていなければ、そのページはサーチエンジンにとって検索されたキーワードとは無関係のホームページであるという判断になります。

スパム行為

検索エンジンスパム行為とは、検索エンジンの仕組みを逆手に取り故意に検索結果を上げることです。
一見するとSEO対策と似ていますが、キーワード検索者の望んでいる情報とは異なるものです。

スパム行為として、無理矢理ページ内にキーワードをつめ込んだり、ユーザーから見ることができないテキストの書き込み、サーチ エンジンを単に欺く目的で設定されたページやリンクなどを置く等の行為があります。

このようなスパム行為により、サーチエンジン利用者が有益な情報を得られなくなる事を防ぐため、様々なスパム行為を基にサーチエンジン側による「スパム対策」も進んでいて、 行き過ぎたスパム行為は厳しいペナルティーを科せられることになります。

度合いにより程度は違いますが以下のような罰則があげられます。

  • 順位の降下
  • 検索エンジンのデータベースからの削除

上記のようなペナルティを受ける事によりサイトへのアクセスが減少、最悪の場合検索によるアクセスが無くなってしまいます。

運営するWEBショップ、サイトのアクセスアップを目指す為に、過去の間違った情報に惑わされず。適正なSEO対策によりホームページ制作をし、上位表示させる事が重要であると言えます。

SEO対策

制作の段階から適切な対策を施しサイト作成する為、ホームページ制作/更新時にSEO対策を合わせてご依頼頂いたお客様のみのサービスです。

SAY WEB STYLEでは日々変動する検索エンジンのアルゴリズムに合わせて長く検索上位に表示される、スパム行為ではないSEOをご提供しています。


cssxhtml1.0
Copyright© 2006 SAY WEB STYLE  From : 奈良
【ホームページ制作会社/WEBデザイン製作/SEO対策/ロゴ作成/ウェブ素材等制作】奈良県/大阪府/京都府/滋賀県/兵庫県
Favorite